2018年1月30日 (火)

2017年コンピューター将棋選手権3位「技巧」

Linuxで技巧v1.01×GPS将棋0.6.0-3で紹介した「技巧1.01」が「技巧2.02」にバージョンアップ。更に強くなった・・・。



その「技巧2.02」をLinuxに導入し、対戦させてみました。



20手までは約10秒ですから、随分速いですね。



約七段以上の強さという事ですが、スーパーコンピューターでなく、パソコンではあまり強くないのでしょうか?



下の画像が技巧の対戦の画面です。


Screenshot_from_20180130_194611



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月29日 (金)

シンギュラリティと奴隷

kindleで プレ・シンギュラリティをダウンロードして少し読み、考えました。



古代ギリシャの文明が奴隷に支えられていた様に、コンピューターと一部のエリートに人類が支配される可能性はあるし、人間の自発性は大事だと思う・・・。



不老不死になったらセックスや男女というものがいずれ消えて、人間の多様性、自然の多様性に危機が来る様な気がする・・・。そんな時代であっても神や過去の神話は忘れてはいけないと思う・・・。



シンギュラリティは反対する人々がいる限り成功しないと思うし、それを無理やりねじ伏せる事は出来ないと思う・・・。



つまり、キリスト教徒、イスラム教徒、仏教徒、すべての人類に平安と幸福が約束されるものでなければ、シンギュラリティは成功しないと思う・・・。



シンギュラリティを前にして、今まで以上に幸福論を考え、切磋琢磨する努力がすべての人々に必要だと思う・・・。



本当にシンギュラリティがあるかどうか分からないけれど・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

蜃気楼、白昼夢、夢と知恵の泉

ネットで遊んでいる時が一番幸せだ・・・。



huluで動画を見たり、旅行の予約や買い物も楽しい・・・。



ずっと一日、ネットをしていても飽きない・・・。



仕事をしている時も色々家に帰ってからパソコンで何をするか考えている・・・。



もっと仕事に集中するべきだけれど、遊びも大切だと思う・・・。



もっと遊ぶ時間が欲しい・・・。



スポーツもしたいけれど時間がない・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

サイエンスフィクションの未来像

サイエンスフィクションの未来像のテーマとして外せないのはヒューマニズム、宇宙論、コンピューターサイエンス、医学、ロボット・・・など・・・。だいぶ前のSF作品のテーマにテクノロジーの進化論を加えると新しくなると思う・・・。



過去のSF作品には出て来ない現実世界の科学技術が加わり新しくなる・・・。



現実の社会情勢がSF作品にも反映されると思う・・・。



人間を楽しませるにはヒューマニズムが必要だと思う・・・。



人間社会をより良く、ハッピーにするSFが個人的に好きだ・・・。そのためには白か黒かのデジタルだけではなくグレーゾーンがあるアナログの視点が必要だった・・・。



いきなり始まる未来もあるけれど、過去の延長線上にある未来もある・・・。



いつまでも幸せに暮らしたい・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

フィリップ・キンドレド・ディックの原作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」を映画化した「ブレードランナー」は有名です。その他にも彼の原作で「トータル・リコール」や「マイノリティ・リポート」などの映画が作られています。



そして、最近大ヒット上映中の「ブレードランナー2049」を観ました。



核戦争後の未来という設定で怖くて寒い雰囲気の映画だと思った。



「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」という問いに対する答えが描かれている様だ・・・。アンドロイドがペットを飼いたがるかという問い・・・。



自分が人間なのか、アンドロイドなのかわからないというのは怖くて物悲しいと思った・・・。



命が限られている人間とレプリカント・・・。



アンドロイドは永遠の命があってもおかしくないけれど、レプリカントは短命なのだ・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Windows10パソコンにLinuxマルチブート導入の利点