2019年1月30日 (水)

現在から未来への都市、惑星、宇宙

あるスキー場で働いているのだけれど外人さんだらけで、ゴンドラリフトから見る景色とサウンドはまるで映画の未来惑星だ。



遠くの国から外人さん達がハードなウィンタースポーツであるスキーやスノーボードで汗を流しにきている・・・。子供連れやカップルや一人で来る客もいる・・・。



寒いし眩しく怪我も気になるからゴーグルやフェイスマスク、ヘルメットもしている。



北欧の冬は白夜の薄暗い朝を通勤、通学するというけれど惑星はそんな近未来映画の様な風景がいっぱいある・・・。



そのうちに地球も未来映画の様な不思議でシュールレアリスムの様な風景であふれるのだろう・・・



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月16日 (水)

ソフトウェアキーボードでログイン(Linux)

ログイン画面でもソフトウェアキーボードを使うことが出来ます。



その方法が以下にあげる3っつのステップで可能になります。



まず、Ubuntuソフトウェアでユニバーサルアクセスをインストールします。



ユニバーサルアクセスメニューを常に表示するをONにします。



次にスクリーンキーボードをONにします。



これで次にログインする時からソフトウェアキーボードが使えます。


Photo



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

Ubuntu18.04でソフトウェアキーボードを使う

セキュリティーなどの理由でソフトウェアキーボードが必要な時がありますが、Ubuntu18.04では比較的簡単に導入と使用が出来ます。端末で以下の様に入力していきます。



$ sudo apt-get install onboard



$ onboard



スクリーンショットは下の様になります。精神科医の樺沢紫苑先生のYouTube動画は勉強になります。


Screenshot_from_20190102_143434



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

仕事で汗かくのとスポーツで汗かくのどっちが良いと思う?

好きな趣味で汗を流すのは楽しい・・・。スポーツや格闘技、ランニングや登山、ハイキング・・・。色んな趣味があるけれど、自由にやりたい・・・。競争や何かのコンテストや大会に出る必要は無いと個人的に思う・・・。けれども、一番に成りたい人やより上を目指したい人もも居るかもしれない・・・。



個人的にはランニングや野球、サッカーやテニス、卓球など色々やりたいスポーツは有ると思う・・・。



けれども、奴隷の様に強制的に運動すると嫌になる時も有ると思う・・・。



確かに、スポーツでもそれなりに少し無理をしないと上達は難しいかもしれない・・・。



しかし、タイミング悪く、体調の良くない時に激しい運動をすると、日常生活が出来なくなると思う。そういう意味では強制労働は無理は禁物だと思う・・・。



何よりも自由に自分の能力を高めて社会に貢献するには奴隷制度は古いと思う・・・。



自由に仕事を選んで納得の行く人生を歩みたいと思うのが理想的な働き方だと思うし、けして強制される事は無くした方が良いし、無理をすれば時には無駄な時間を過ごす事になるかもしれないと思う・・・。



現代の法律では人権が認められているのだから、自由に仕事と趣味のスポーツを両立させたいと思う・・・。



名誉を望んでいるなら成功した人間にならないといけない・・・。



私は名誉はいらないから誰にも出来ない発見や発明を出来ないか考えながらSF小説家を目指しています・・・。フィクションも楽しいと思う・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

ドリームキャッチャーの効能

夢のアンテナを張って情報を掴み、チャレンジする・・・。その心構えが必要だと思う・・・。



いつも気に留めていれば自ずと頭に入って来るし、理解しやすいと思う・・・。



インディアンのおまじないのドリームキャッチャーは、良い夢だけが残る様、蜘蛛の巣の様な網で捕えるおまじないだ・・・。



気持ちの網を広げて、大きな夢や、小さな夢、心地の良い夢を捕まえたい・・・。



どんな夢が見れるかな?・・・。


Img_20181119_1531231



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«トランスフォーマーな車