2017年8月19日 (土)

ウォーレン・バフェットの知恵



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

新世界、新時代のアトリエ、スタジオ、キャンバス、シネマ

およそ70年程前に始まったアクション・ペインティングは北野武氏の映画「アキレスと亀」にも出てくるし、今だに無意識的なイメージを重視するスタイルのアクション・ペインティングが大竹伸朗氏などにも影響を与えている様に思う。



何かをしている内に何かが判ってくるという(文章を書いている内に言いたい事が分かってくるという話)話は脳科学者の茂木健一郎氏なども何度か講演で述べている様だ・・・。



例えばパーソナルコンピューターという道具を使う事によって今まで無かった物が創りだされてゆく・・・。



宇宙時代には宇宙時代にふさわしい物が現れるだろう・・・。そんな事は何十年も前から映画などでも予言されている事だけれど、本物のコンピューターは予想とは違っていると思う・・・。



新しい芸術は新しい時代にこそふさわしい・・・。しかしそれは意識して出来る事ではない様だ・・・。



パソコンを睨んでいる内にいつの間にか出来上がる様な物は思いつかないけれど、インターネットを媒体に・・・。コンピューターを媒体に何か面白い物が出来たら良いと思う・・・。



パソコンはかえって人間の集中力の妨げになると考える人もいる様だけれど・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

大金持ちや大地主が偉いと言う理屈

大金持ちや大地主はより多くの権利があると思う・・・。大金持ちや大地主は多くのお金や土地を管理しているのだから立派だと思う・・。



しかし、貧乏な人がそれを妬んだり、勝負して争うのは短期的にはあまり良い事ではないと思うし、勝負してもすぐには勝てない。勝ち負けに拘るのは後々嫌な気持ちになるし、大金持ちや大地主はそれなりに大変な悩みや苦痛を抱えながら過ごしているのだからむしろそういう人達を敬うべきだと思う。



単純に妬みとしてではなく自己努力の継続で自己実現出来れば、人は幸せだと思う。



しかし、大貧乏にはなりたくない・・・。大貧乏も苦痛が有るに違いない・・・。



仕事が有る社会なら何とかやっていける・・・。働いてワンランク上の生活をしたい気持ちは有るけれど、貧乏人が差別されない世の中は理想だと思う。そういう理想が大切だと思う。



大金持ちや大地主にはなれないけれど、苦労しながらも楽しい生活をしていければ良いと思う。



世の中を変える理想は呟いて行きたい・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

神様との会話

神様と親しくなって会話をしたい。そんな時は礼拝をすれば良いだろうか?・・・。静かな山の何処かで祈り、神様に話しかけたら何か答えてくれはしないだろうか?・・・。



キリスト教ではクリッシャンが2人以上集まって礼拝をすればそこに神様がいると言うけれど、知識がないと神様が何を考えているのか解らない・・・。



キリスト教の神様を知るには聖書を読まないと難しいと思う・・・。



神様を信じるのは希望や期待が有って、それを叶えて欲しいからでもあるけれど、それは不純な考えだろうか?・・・そうとも限らないと思う。人間の為の神様は人間の人生と社会を考えてくれていると思う・・・。



だから正常な人間が正常に考えるありきたりの希望は間違ってはいないし、神様もそれを叶えてくださると思う・・・。



祈り考えてみたい・・・。人間にとって何が幸福で必要なのかを・・・。



人類の未来が幸福に満ちたものであります様に。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

経歴汚染、サラリーマン生活の危機

アルバイト情報誌などを利用して短期のアルバイトばかりを繰り返し、フリーターの様な仕事を続けていると大変なことになる・・・。



アルバイトは体力のある若い内は沢山仕事はあるけれど年齢が35歳を超えると仕事が激減する。しかもアルバイトは肩書はサラリーマンでも長くは続けられない仕組みになっている。正社員でなく、派遣社員や契約社員でもサラリーマンとして履歴書に書かなくてはならないが、次の就職の時に短期で辞めてばかりの経歴なので根気がないとか落ち着きがないとかネガティブなレッテルを貼られる。



フリーターは安定した職種では採用されないのでまた短期の契約社員で働く・・・。そしてまた、すぐに辞めさせられてしまう。すると次の就職活動でも落ち着きのない人間だと決めつけられる。その繰り返しが待っている・・・。



何かオイディプスの物語の様だけれど、人間社会はその様なステレオタイプが結構蔓延っているのは間違いない。



結局フリーターは根気良く、ネガティブにはならずに自ら発信して信用を高め就職出来る様に頑張る以外ない・・・。



自分の当たり前は、他人にとっては当たり前ではないから、根気よく説明していくよりない。



なんとかして良い仕事を見つけてゆきたいものだ。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«近未来都市