« 蜃気楼、白昼夢、夢と知恵の泉 | トップページ | 2017年コンピューター将棋選手権3位「技巧」 »

2017年12月29日 (金)

シンギュラリティと奴隷

kindleで プレ・シンギュラリティをダウンロードして少し読み、考えました。



古代ギリシャの文明が奴隷に支えられていた様に、コンピューターと一部のエリートに人類が支配される可能性はあるし、人間の自発性は大事だと思う・・・。



不老不死になったらセックスや男女というものがいずれ消えて、人間の多様性、自然の多様性に危機が来る様な気がする・・・。そんな時代であっても神や過去の神話は忘れてはいけないと思う・・・。



シンギュラリティは反対する人々がいる限り成功しないと思うし、それを無理やりねじ伏せる事は出来ないと思う・・・。



つまり、キリスト教徒、イスラム教徒、仏教徒、すべての人類に平安と幸福が約束されるものでなければ、シンギュラリティは成功しないと思う・・・。



シンギュラリティを前にして、今まで以上に幸福論を考え、切磋琢磨する努力がすべての人々に必要だと思う・・・。



本当にシンギュラリティがあるかどうか分からないけれど・・・。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

|

« 蜃気楼、白昼夢、夢と知恵の泉 | トップページ | 2017年コンピューター将棋選手権3位「技巧」 »

シンギュラリティ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476182/72571128

この記事へのトラックバック一覧です: シンギュラリティと奴隷:

« 蜃気楼、白昼夢、夢と知恵の泉 | トップページ | 2017年コンピューター将棋選手権3位「技巧」 »