« ロボットの創る定食 | トップページ | 愛の国から幸福へ »

2018年4月11日 (水)

映画「マイノリティー・リポート」を観た

Huluでトム・クルーズ主演、2002年製作、フィリップ・K・ディック原作の「マイノリティー・リポート」を観ました。



プリコグと呼ばれる3人の未来予知能力者により殺人を未然に防ぐ話です。



公的に大規模に犯罪予防局がプリコグを使い未来の殺人を予測し、犯人として殺人をするはずの人物が逮捕され、拘束された。



しかし、その時点で未来予知は外れた事になるけれど・・・。殺人を犯す前に未然に逮捕されるのだから・・・。ここにパラドックスがある。



ある日主人公のジョン・アンダートン(トム・クルーズ)自身が殺人する事が予告される。



犯罪予防局のラマー・バージェス局長の陰謀があった・・・。



最後に未来は自分のものでもあり、自分で選ぶ事が出来るという結論になり、犯罪予防局は廃止される事になった・・・。


Photo



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

|

« ロボットの創る定食 | トップページ | 愛の国から幸福へ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476182/73278536

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「マイノリティー・リポート」を観た:

« ロボットの創る定食 | トップページ | 愛の国から幸福へ »