« MikaTypeを使ってタイピングの基礎を練習してみる | トップページ | パルムドール賞受賞の是枝裕和監督作品「万引き家族」を観た »

2018年5月28日 (月)

新時代のヒーロー「エドワード・スノーデン」

映画「スノーデン」と「シチズンフォー スノーデンの暴露」を観ました。



スノーデン(字幕版) (106) 134分 2017 PG12 2004年、9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンが、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。そこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAのスタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった…。 Rating PG12 (c)2016 SACHA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. ジャンル ドラマ 監督 オリバー・ストーン 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット, シャイリーン・ウッドリー, メリッサ・レオ



シチズンフォー スノーデンの暴露(字幕版) (22) 113分 2014 G イラク戦争についてのドキュメンタリー映画で高い評価を得る一方、米国当局からの監視や妨害を受けてきた気鋭の映画監督ローラ・ポイトラスは、2013年初め、“シチズンフォー”と名乗る人物から暗号化されたメールを受け取るようになる。それは、NSA(国家安全保障局)が米国民の膨大な通信データを秘密裏に収集している、という衝撃的事実を暴露するものだった。ローラは“シチズンフォー”に会うため、旧知のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドとともに香港へ飛ぶ。そこでふたりを待っていたのは、元CIA職員エドワード・スノーデン。彼の口から明かされた驚くべき真実とは―。なぜ彼は自らの身の危険も顧みず、この告発を決意したのか―。そして、緊迫した状況の下、ローラとグレンはいかにしてジャーナリストとしての使命を果たす戦いに挑んだのか―。(C)Praxis Films ジャンル ドキュメンタリー 監督 ローラ・ポイトラス 主演 エドワード・スノーデン, ローラ・ポイトラス, グレン・グリーンウォルド



一つ目はオリバー・ストーン監督の映画でシチズンフォーの方はドキュメンタリー映画です。インターネット、Amazonで観ました。



新しい時代における問題提起です。



正義の味方はカッコイイですね。



にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村

|

« MikaTypeを使ってタイピングの基礎を練習してみる | トップページ | パルムドール賞受賞の是枝裕和監督作品「万引き家族」を観た »

ヒーロー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/476182/73574489

この記事へのトラックバック一覧です: 新時代のヒーロー「エドワード・スノーデン」:

« MikaTypeを使ってタイピングの基礎を練習してみる | トップページ | パルムドール賞受賞の是枝裕和監督作品「万引き家族」を観た »