カテゴリー「漢字、哲学」の1件の記事

2010年7月21日 (水)

今日の文字は「苦」

自分の事を言っているのではないけれど、世の中には苦しみがそこいら中にひそんでいるらしい・・・

苦 (仏教)

仏教における(く、duHkha、दुःख)とは、サンスクリット語の「ドウクハ」に由来する。「ドウクハ」は「豆法」と音写され、と訳された。

「ドウクハ」の「ドウ」(duH = dus)は、「悪い」という意味、「クハ」(kha) は「運命」「状態」の意味であるから、苦とは、もともと悪い状態、悪い運命というような意味をもっていたが、一般に身心を逼悩(ひつのう)することをいうとされる。すなわち、精神肉体とが悩みに逼迫されている状態である。このうち、精神の苦について、嫉妬などをあげている。また、肉体的な苦は種々のなどであるという。

哲学的意味の苦

「仏教では、この世は『苦』であると説く」と聞くと、日本語の"苦"を思い浮かべてしまうのが普通である。しかし釈迦の説く「苦」は、現代語の 「苦」とは別物であることに注意が必要である。具体的には、肉体的な苦痛と、精神的な苦痛とがあるが、仏教で説く「苦」とは「思うようにならない苦しみ」 という程の意である。ここでは、その精神的な苦痛を哲学的意味の苦と表現している。したがって、覚りを得たからといって、病気や肉体的な苦痛が無くなる訳 ではない。古い仏典には、肉体的な苦痛に耐える釈迦が描かれているし、釈迦が病死したことは間違いないとされている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A6_%28%E4%BB%8F%E6%95%99%29 より・・・

Screenshot

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

Blog CPU使用率 C言語 DNA Linux Linux kernel Linux 聖書 LOVE理論 MySql poem Typing unix WordPress YouTube お酒 お金 じゃんけん アトリエ、スタジオ、キャンバス、シネマ アニメ・コミック アニメーション アルコール依存症の治療薬 インフルエンザ予防 オスティア・アンティーカ オタク系 キリスト教 キリスト教の祈り クリスマス サイエンスフィクション サンスクリット語 シンギュラリティ スキルアップ スピリチュアル、精神世界 スマホ ソウルフード タレント ダイエット テレビドラマ テレビ番組 デザイン デザインの隠された意味 ドライブ ネガティブ未来像 ネット社会 バチカン パソコン・インターネット ヒーロー ブルーライト軽減 プラトニックラブ プリンター プログラミング言語 ペット マインドコントロール ヨーロッパ旅行 レモン酢 ローマとローマ郊外 世の中 中国旅行記 主への祈り 交通事故 人の命 人の幸せ 人口知能 人生 人生、哲学 人生勉強 今日の説教 今日の酒の肴 健康 健康食品 兄と弟 免許 写真 出会い 創価学会 動物写真 北京首都国際空港 南半球 反省会 哲学 哲学の完全性 問題 園芸 外国旅行 夢の創造 大金持ち 天使の絵 奇人・変人 奇跡 子供の未来 子育て 学問・資格 宇宙 宇宙論 宗教改革 家庭料理 将来に向けて 小説 居酒屋 履歴書、職務経歴書 山小屋 心と体 怖い程嫌な感じ 恋愛 悪口 投資の神様 携帯・デジカメ 教育者 文化・芸術 文明の末路 料理 断食 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 昆虫 映画 映画、音楽 映画・テレビ 未来 未来社会 格差社会 桜咲く 洗脳 海外旅行 漢字、哲学 生活のアート 病気 礼拝 神様 素敵な女性 終わりなき旅 経済・政治・国際 聖書 聖書の言葉 職業、仕事 肉体労働 自由と平等 芸術家 薬の話 記憶装置 語学 車のバッテリー 近未来都市 進化論 運勢 陸上自衛隊、災害派遣 音楽 食べ物