« C言語の学習001 | トップページ | C言語の学習002 »

2009年3月16日 (月)

ブラインドタッチは必要か?

パソコンを使い始めて数年経っているのにブラインドタッチが出来ないのが少しは恥ずかしいので、Touch  Typing Trainer とゆうWindows用のソフトを導入して練習を始めてみた。はっきり言って今の段階では手元を見てキー入力した方が早い。ピアノがうまい人はキー入力がうまいんだろうけど人差し指だけで入力した方が早いのは私だけだろうか?まるでデスノートのLみたいに(映画の方)キーボード入力していても大丈夫かな?ちなみにLは人差し指だけでキー入力していた。

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 SF小説 

人気ブログランキングへ

|

« C言語の学習001 | トップページ | C言語の学習002 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

タッチタイプは、入力速度を上げる為というよりは
画面(あるいは原稿)を見ながら(キーを見ずに)
タイプする。というためのものですから
できる方が効率が上がりますよ。
Linux7 にも tuxtype があるので synaptics で入れて遊んでみてはいかがでしょうか?

投稿: まがみ | 2009年3月27日 (金) 00時06分

コメントありがとうございます。タッチタイピング頑張ればうまくなると思うので一生懸命練習しようと思います。

投稿: ずーさん | 2009年3月29日 (日) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラインドタッチは必要か?:

« C言語の学習001 | トップページ | C言語の学習002 »